花粉症は、花粉によって起こるアレルギーですが、今や年々患者が急増し、国民病とまでいわれています。
その花粉症と上手に付き合っていく為に、日常でできる予防法の他、症状や原因などを紹介します。
<<   >>

花粉症の検査

血液検査

アトピー性皮膚炎の検査でも行う、アレルギーの検査で、血液検査では、血液内の好酸球、IgE、花粉に反応する、IgE(特異的IgE)を調べます。



検査結果がでるまでに、日数がかかりますが、複数のアレルゲンに対する反応なども、しっかりと調べることができるという、メリットがありそうです。

鼻粘膜誘発テスト

原因抗原を鼻の粘膜につけると、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりの反応がでます。
それによる鼻炎症状を、確認してアレルゲンを特定するというものです。
つらい花粉症の症状を、直接的に出させる方法のようです。

麒麟草


目の検査

アレルゲンのエキスを、腕の皮膚の上に1滴たらして針で引っかき、アレルギーの反応である、膨疹(皮膚が盛り上がるはれ)や、発赤(皮膚が赤くはれる)を見て、アレルゲンを、確定するテストです。




国内のコンタクトレンズお安くご購入頂けます!
送料無料パッケージも超特価!



花粉症
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://kahun.awe.jp/tb.cgi/3


C O M M E N T


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

<< >>











RSS

A E - F B C