花粉症は、花粉によって起こるアレルギーですが、今や年々患者が急増し、国民病とまでいわれています。
その花粉症と上手に付き合っていく為に、日常でできる予防法の他、症状や原因などを紹介します。

生活習慣と花粉症

最近では、食生活が豊かになり過ぎたために、アレルギー性の疾患が激増して、花粉症になる人が増えたと言われます。

そもそも、花粉症とは花粉が抗原となる鼻炎などのアレルギー性症状のことです。....


花粉症

花粉症とは

花粉症はアレルギー性鼻炎とも呼ばれています

花粉症は、I型アレルギー (いちがた)に分類される疾患の一つです。

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みずなどのアレルギー症状を起こす病気です。....



花粉症

花粉症の時間帯

花粉の飛散量は一日の中でも変化しています

花粉症の時間帯は、一日の中で一番花粉が舞い上がりやすい、お昼12時半頃で、その次に花粉が地面に下りてくる、夕方の6時前後が多くなります。

....



花粉症

花粉症の時期

1年中花粉が飛散しています

スギ花粉花粉症の原因植物は、現在60種類以上も確認されています。

 また、花粉症は原因植物によって症状の現れる時期が違い、春の花粉症は、みなさんおなじみの、スギ花粉症、夏にはイネ科の花粉症、秋にはブタクサ花粉症、冬にはハンノキ花粉症と、日本ではほぼ1年中何らかの花粉症の、原因植物の花粉が飛散しています。....



花粉症

花粉症の原因

今や国民病

花粉症といえば、今や国民病とまでいわれていますが、意外なことに、花粉症は戦後に初めて報告された新しい病気です。....



花粉症

花粉症の症状

花粉によるアレルギー

花粉症とは、花粉(アレルゲン:主にスギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなど)による、アレルギーのことで、症状は主に目と鼻に現われます。

....



花粉症

目と鼻の症状

目の症状「花粉性結膜炎」

目のアレルギーの代表は、花粉性結膜炎 (かふんせいけつまくえん) で、急性アレルギー性結膜炎とも呼ばれています。

花粉によってスギ花粉性結膜炎、イネ科・キク科花粉性結膜炎などに分類されています。

....



花粉症

花粉症の予防と対策 I

花粉を入れない工夫

普段から、住まいに花粉を入れないように注意し、家に入る前にできるだけ落としましょう

....



花粉症

花粉症の予防と対策 II

花粉を撒き散らさない

洗顔

家に入ったら洗面所に直行して、洗顔、手洗い、うがいをし家の中に撒き散らさないようにしましょう。....




花粉症

花粉症の免疫とアレルギー

免疫という機能

花粉

ヒトは外部の異物(たとえば細菌やウイルス)や、異常な細胞(ガンの原因になることもある)が、発生したときに体の中に抗体を作り、異物や異常細胞を排除する、免疫という機能をもっています。

....



花粉症

ヒスタミンとアレルギー症状

アレルギー症状

芍薬

目の結膜は、涙と結膜から分泌される、脂様(しよう)の物質でいつもぬれていて、角膜が乾いて傷つきやすくなるのを防ぎ、眼球の動きを滑らかにするという、重要な役割をはたしていす。

....



花粉症

皮膚反応検査

花粉症の検査

医師の診察を受けて、花粉症と診断されたら、皮膚反応検査や、目がかゆい、まぶたがはれる、目が赤いなど症状が出たら、眼科検査など、原因となるアレルゲンを、正確に把握するためいくつかの検査を受けることになります。

....



花粉症

花粉症の検査

血液検査

アトピー性皮膚炎の検査でも行う、アレルギーの検査で、血液検査では、血液内の好酸球、IgE、花粉に反応する、IgE(特異的IgE)を調べます。

....



花粉症

花粉症の治療 I

薬物療法

抗アレルギー薬 (ヒスタミンH1拮抗薬、メディエ−タ−遊離抑制薬) ヒスタミンH1拮抗薬は、かゆみを引き起こす、ヒスタミンの作用を直接阻止するので、主にかゆみのある時に、処方されます。

....



花粉症

花粉症の治療 II

根治療法

特に症状の重い方には、根治療法として減感作療法が、中心となります。

....



花粉症












RSS

A E - F B C