花粉症は、花粉によって起こるアレルギーですが、今や年々患者が急増し、国民病とまでいわれています。
その花粉症と上手に付き合っていく為に、日常でできる予防法の他、症状や原因などを紹介します。
花粉症の予防と対策 Uの記事

花粉症の予防と対策 II

花粉を撒き散らさない

洗顔

家に入ったら洗面所に直行して、洗顔、手洗い、うがいをし家の中に撒き散らさないようにしましょう。

1) 花粉が付着しやすい上着などは玄関近くに収納しましょう。
2) 帰宅後はすぐに手洗い、洗顔、うがいをしましょう。
(目の対策としては目の周りをしっかりと洗い、目は人工涙液を使って洗うのが効果的です。 ただ、防腐剤入りの人工涙液や水道水は、安全性から頻回に使うのは、避けたほうがいいでしょう。
カップ式の洗浄液は、皮膚についた花粉を目に入れないように、顔を洗ってから使ったほうがいいでしょう。)
3) ファンデーションに付着しやすいので、帰宅後すぐに化粧を、落とす方が好ましいでしょう。
4) できるだけ早く入浴、シャワーを浴びて、身体や髪に付着した花粉を、洗い落としましょう。



花粉をすみやかに除去

床のぞうきんがけで効果的に花粉を取り除くため、室内の花粉はすみやかに除去しましょう。 1) 窓際の床面はぬれぞうきんなどでしっかり拭き取りましょう。
2) 花粉除去に効果的な掃除機で床面全体を吸い取りましょう。



食生活に注意

食生活に注意しましょう。 1) ファストフードや加工食品の摂りすぎに注意し、バランスのとれた食生活に改善しましょう。
2) たばこやお酒、刺激性の強い香辛料などの摂取は、控え目にしましょう。
3) 皮膚を鍛え、ストレスをなくすように心がけましょう。



花粉対策に【蓮のちから】
テレビ新聞でも数多く取り上げられている話題の商品
「蓮のちから」は、埼玉医科大学の和合治久教授が、『自然のちからで体質改善を』というポリシーのもとで長年研究を重ねてきた結果の、集大成として商品化されたものです。
レンコンと乳酸菌を基に自然食品のみで作られているので妊婦の方やご年配の方にも安心してお使いいただけます。



花粉症
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://kahun.awe.jp/tb.cgi/7


C O M M E N T


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview




>>このカテゴリーの記事一覧








RSS

A E - F B C