花粉症は、花粉によって起こるアレルギーですが、今や年々患者が急増し、国民病とまでいわれています。
その花粉症と上手に付き合っていく為に、日常でできる予防法の他、症状や原因などを紹介します。
花粉症の治療Tの記事

花粉症の治療 I

薬物療法

抗アレルギー薬 (ヒスタミンH1拮抗薬、メディエ−タ−遊離抑制薬) ヒスタミンH1拮抗薬は、かゆみを引き起こす、ヒスタミンの作用を直接阻止するので、主にかゆみのある時に、処方されます。



メディエーター遊離抑制薬は、ヒスタミンなどを、増やさないようにする作用があり、効果が現れるまでに、2週間くらいかかります。

抗アレルギー薬は、比較的弱く即効性がないため、花粉が飛ぶ2〜4週間前より使用して、体の準備をしておくと、花粉が飛んでからの症状が、軽くなります。
前もって飲んでおく内服薬、点鼻薬、点眼薬などがあり、飛散期間中の症状を、軽減するという、治療法によく使われているようです。



抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬(第一世代 : 眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの、
抗コリン作用などの副作用が、比較的あらわれやすいものを言います。
第二世代 : 第一世代より、副作用の少ないものを言います。)


最も代表的な花粉症の治療薬で、即効性があるため、一般に花粉が飛んで、症状が出てから使用されます。
内服薬なので、鼻  (くしゃみ・鼻水・鼻づまり) だけでなく目の症状も軽減され、最近では、眠くならない薬、1日1回でよい薬があるようです。



ステロイド薬

ステロイド薬は、一般に効果が強く、効果が現れるのが早いようです。
アレルギー反応を一時的に抑制して、炎症を止める副腎皮質ホルモン薬があり、症状のが現れる部位より、内服薬、点眼薬、点鼻役を使い分けることができるようです。


ステロイドは、非常に強力な症状の改善効果を示し、花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎、気管支喘息、さらにリウマチなどにも使われている薬です。
ところが、効果の反面、副作用も強いので、長期間使っていると副作用によって、さまざまな異常が現われ、花粉症より深刻な病気になってしまう場合もあるようです。


花粉症の症状軽減!!「ぶどうすっきりん」
ぶどうから抽出した天然物質「植物性乳酸菌」が花粉やハウスダストなどで起こるアレルギー反応を抑制します。!!



花粉症
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://kahun.awe.jp/tb.cgi/2


C O M M E N T




>>このカテゴリーの記事一覧








RSS

A E - F B C