花粉症は、花粉によって起こるアレルギーですが、今や年々患者が急増し、国民病とまでいわれています。
その花粉症と上手に付き合っていく為に、日常でできる予防法の他、症状や原因などを紹介します。
花粉症の記事 >>

生活習慣と花粉症

最近では、食生活が豊かになり過ぎたために、アレルギー性の疾患が激増して、花粉症になる人が増えたと言われます。

そもそも、花粉症とは花粉が抗原となる鼻炎などのアレルギー性症状のことです。

抗体が体内に生産され、血中に流れる抗原を捕捉して抗原抗体反応を起こし、粘膜に張りめぐらされた知覚神経を刺激して、クシャミや多量の鼻水が出るのです。

腸内毒素が溜まり過ぎると、小腸のバイエル板の抗体産生リンパを育成する組織の働きが妨げられて、アレルギー疾患に悪い影響をおよほします。

鼻と腸とは肺を通じて密接な関係があり、アレルギーには、細胞膜と腸管とが深く関わっているのです。

花粉症を治すには、毒素を出して腸内環境を良くして、生活習慣を変えていく必要があります。

そのために、お風呂での湯船体操をして腸を活発に働かせて、毒素を排出するのも良いでしょう。




花粉症
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://kahun.awe.jp/tb.cgi/15


C O M M E N T


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview

>>



>>このカテゴリーの記事一覧








RSS

A E - F B C