花粉症は、花粉によって起こるアレルギーですが、今や年々患者が急増し、国民病とまでいわれています。
その花粉症と上手に付き合っていく為に、日常でできる予防法の他、症状や原因などを紹介します。
花粉症の時間帯の記事

花粉症の時間帯

花粉の飛散量は一日の中でも変化しています

花粉症の時間帯は、一日の中で一番花粉が舞い上がりやすい、お昼12時半頃で、その次に花粉が地面に下りてくる、夕方の6時前後が多くなります。



天候では、花粉が風に乗って飛びやすくなる、風の強い空気の乾燥した日は、要注意です。


他方、湿度が高い日や雨の日は、花粉が舞い上がる度合いが少なくなり、過ごしやすくなるようです。

しかし、雨の日の翌日は、花粉の飛散量が少ない思われがちですが、雨で落ちた花粉が乾いて再び飛散するので、飛散する量はかえって多くなるで気をつけましょう。


赤花

症状がでる就寝前の時間帯には、注意が必要です。

夜寝るときに症状が強く出るのは、横になる体勢がノドや気孔を塞いで、鼻詰まりがおこりやすくなるためです。

また朝起きる時は、副交感神経という自律神経の働きが活発で、花粉に反応しやすくなるためです。

目覚めによる自律神経の切り替えをスムーズにするため、布団の中で手足を軽く動かすなどして、頭がスッキリしてから起き上がるといいようです。


花粉対策に・・
某WEBショッピングモールでランキングの常連、 東急ハンズでも人気のあの西洋フキのサプリメント ・ズキンズキンと片頭痛に悩まされている
・花粉の季節が苦手
・女性特有の悩み、アノ日がつらい
ドイツコミッションE認定の西洋フキの『ペタドレックス』



花粉症
T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://kahun.awe.jp/tb.cgi/12


C O M M E N T
オリンピック、女子・男子サッカー緒戦を白星でスタートしました。特に男子は、王者といわれるスペインに勝って大金星です。
さか    [2012/7/27(金) 15:17] [削除]


Name :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  Preview




>>このカテゴリーの記事一覧








RSS

A E - F B C